やっと届いた!ラジオの通販で注文した商品

ラジオを聴いているのは誰でしょうか?ビジネスマンにとってはなじみが薄いかもしれませんね。

まず、ラジオを聴く人の男女比は半分ずつなんです。年齢層は年代が上がるほど、ラジオリスナーの割合は高まっている傾向があります。

それと、都市部より地方に住んでいるリスナーの方が多くなります。
日常的にラジオを聴く習慣のある方の割合では、上位には、沖縄県・岩手県・北海道など地方といわれる都道府県が並んでいます。

都市在住の若年・中年の世代からは想像できないかもしれませんが、ラジオを常日頃聴く人が今も一定数存在しています。そもそもラジオショッピングは、ラジオ放送をメディアとして放送されるショッピング番組のことで、通販のこととなります。

日本の場合は、民放ラジオ局の長時間番組中に流されたり、ショッピング番組として別に放送されています。

このようなラジオショッピングは文化放送の関連会社・文化放送開発センターが1973年(昭和43年)の放送が始まりです。12月も中半を過ぎると、おせちの予約も終盤です。ラジオショッピングでもおせちのCMをよく聴きます。私の家では毎年ラジオ通販のおせちを注文します。

人気とされているおせちは、中身はあまり変わらないような気がします。

もしかすると、特典を付けて他との違いを出そうとしています。うちではあまりエアコンを使いませんが、さすがに今年の夏の暑さとなると、なしではいられませんね。しかし、どうしてもエアコンの電気代が気になります。ラジオショッピングで紹介していたエアコンは、最近のエアコンは省エネがあたりまえのようで、日中5時間つけっぱなしで電気代は約10円ほどのようです。ラジオショッピングで言っていたエアコンにさっそく買い替えしました。

お正月をハワイで過ごす人もいると思います。今の時代のハワイ旅行は安くなったとはいえ、お正月期間は安くはないですね。

近頃はグアムにしても韓国にしても、外国語が話せなくても不自由はないのではないでしょうか。それでもやっぱり病気になったりしたら、伝えるのは難しいものです。そんなときに役立つのが、ラジオショッピングの携帯翻訳機です。ラジオショッピングの特徴は、ラジオ局自身またはグループ企業によってオンエアーされるラジオショッピングは、商品の構成には局それぞれの特色があるが、事例としては、デジカメやPC、加湿器取り付けを含むエアコンなどの電化製品から高級時計、ジュェリー、衣料品、松葉ガニやブランド牛肉などの食品、仏壇からトイレのリフォーム請負までもあったりします。そんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。
スポンサー通販においても、家電・精密専門主体の通販会社と、美容・健康関連の商品が主体の通販会社があります。
通信販売は、実店舗を持たない販売方法の一つです。

店舗ではなく、メディアを利用して品物を媒体にアクセスした消費者に販売することです。

近年ではインターネットが普及したことで「通信販売」や「通販」といえば、ウェブサイトによるものをさすことがあります。

昨今の通信販売業者は、無店舗業者だけにとどまらず種々雑多です。

ラジオショッピングで購入したドライブレコーダー。

昨日、やっと到着しました。

午前中の配達時間指定だったので、朝から心待ちにしていましたが、佐川のドライバーさんが来たのはお昼の12時前でした。午前中ということで12時前も午前中ですよね。

代引き料金を支払って無事に受け取りました。

夕方までに、車に付けてみます。

近頃はネット通販やテレビ通販で、様々な商品を購入する人が増えています。
このほかにも「ラジオ通販」もあります。ラジオはめったに聴かないという人が増えているかもしれませんが、通販でお買い得商品を見つけたい人は一度、ラジオ通販の利用もいいですね。ラジオショッピングでは、商品については聴くだけなので、手に取るようにイメージがわきその商品を手に取るようにわかります。テレビ通販より商品の想像力が働きます。
自宅に居ながらサクッと注文ができるので、時間を無駄にせず買い物できることも魅力です。ラジオショッピングで買ったドライブレコーダー。やっと来ました!午前中の配達ということで、朝からワクワクして待っていましたが、ヤマト運輸が来たのが12時ちょっと前でした。

まぁ、12時ちょっと前も12時も午前中ですね。

伝票にサインして荷物を受け取りました。

早速、車に付けようと思います。もっと早く来てくれたら、美容室の予約をして行こうと思っていたのに、お昼の時間も過ぎました。ラジオ通販番組は昭和の時代からラジオでしている通信販売の一つの方法です。

おすすめ商品として、そのラジオ番組のラジオパーソナリティにより行われます。

ラジオショッピングの時間内におすすめ商品として紹介されます。ラジオでの紹介者の言葉遣いや話し方により商品の印象が操作される可能性もあります。

そういうことから、ラジオショッピングは、おすすめされた商品を見てから注文したいという方にはTV通販を利用するほうがいいです。

ただ、購入者の中には、お気に入りのパーソナリティが紹介した商品を買う人は多いようです。ほぼ日本の民間ラジオ局は、ネットワークの組織に加入していて放送網が成り立っています。AMはジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。
さらに、NHK-FM放送と放送大学以外の(NHK-FM放送及び放送大学は除く)だけども、全国FM放送協議会とメガネット、全国FM連合は他のネットワークより、ネットワークとしての関係性はそんなに関係は深くありません。
情報の交換に番組の一部販売、不定期での共同でのキャンペーン実施だけとなります。

通販会社の利点としてラジオショッピングは、TVショッピングよりも、聴取者も「直接は見ていないから思っていたものと違うことはある」と納得しているためなのか、商品が届いて見たときに、「思っていたものと違う」というようなクレームが少なくテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。

ラジオ通販を行う企業としても、テレビでの通販より比較的少ない予算でもできる特長があるので、大企業をはじめ地方の中小企業まで、参入する企業業態は様々です。あなたは「ラジオ広告」に、どのようなイメージがありますか?ラジオを聞いたことがある人なら、ラジオ通販をやっていたということもあるでしょう。

AMやFMとも民放なら、番組中に何度かテレビみたいにコマーシャルが入りますよね。

それとは別にラジオ広告には、番組として商品を紹介するパターンもあります。

ラジオ番組の司会者とそれ以外の出演者が、「最近流行っているのは○○」「健康の△△の悩みにはコレがおすすめ!」など、商品紹介します。また、商品の企業の担当者へのインタビューも交えて、番組リスナーに商品の魅力を訴えます。

ラジオショッピングにおいて、メディアの性質上、テレビの画像や印刷されたものとは違って、実物のイメージが目に見えません。ですので、通販企業の実績や評価がラジオ通販では大切なことです。ラジオショッピング開始当初は、ラジオ局及びその関連企業が行うラジオショッピングが一般的でしたが、2006年以降のラジオ業界の広告収入の減少に伴い、現在では、広告主通販が多くなっています。そもそもラジオショッピングは、民放のラジオ局あるいはグループ企業により行われるものと番組のスポンサー企業などが、スポンサー通販といわれる外部の通販会社による商品販売に分かれます。快適生活ラジオショッピング!ABCラジオ放送商品はコチラ