ラジオショッピングが気になったので調べてみました!

「ラジオ広告」と聞いて、どのようなイメージがありますか?普段ラジオよく聞いている人なら、ラジオでも通販の広告があるのはご存知ですよね。
午前・FMに関係なく、番組を聴いているとその合間にはテレビ番組と同じように通販のCMがあったりしますよね。

それとは別にラジオ広告には、商品紹介をラジオ番組として導入するタイプもあります。

ラジオ番組の司会者とそれ以外の出演者が、「今、話題の商品は○○」「健康の△△の悩みにはコレがおすすめ!」のように商品を紹介しています。

広告主企業の開発担当者へのインタビューもあったりと、訴求性の高くなるような内容になっているのです。
ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオ放送で放送されるショッピング番組をいい、通信販売の一形態でしょう。
日本では、民放ラジオ局の長時間番組中に流されたり、別の番組として放送されるショッピング番組です。

こんなラジオショッピングは文化放送の関連会社・文化放送開発センターが1973年(昭和43年)の放送がはじまりです。ラジオショッピングを行う通販会社の利点は、テレビショッピング(テレビで商品を紹介し、電話やインターネットなどを使って購入を申し込む通信販売の一種です)に対して、聴取者も「直接は見ていないから思っていたものとちがうことはある」と納得しているためなのか、商品が届いて見立ときに、「頼んだものとちがう」というようなクレームが少なくテレビと比べ返品も大幅に少ないといわれています。ラジオショッピングを運営する企業にとっても、テレビ放送よりまあまあ少額の予算ではじめられる長所があることから、誰もが知っている大企業や地方の中小企業まで、スポンサー通販の企業業態は多様です。
年末年始の期間を海外旅行に行くという人もいるのではないでしょうか?昔と比べ海外旅行は国内旅行のように気軽に行けますが、やっぱり年末年始となると話は違います。
ハワイに行っても香港でも、外国語が話せなくても不自由はないのではないでしょうか。それでもトラブルがあった時には、難しいですよね。

そんなときの為に便利なのが、ラジオの通販で買った携帯翻訳機なんですね。

今ではWEB通販やTV通販で、各種の商品を買う人が増えてきています。
他に「ラジオ通販」もあります。
ラジオを聞く機会が少なくなったかもしれませんが、通販でお買い得商品を見つけたい人は一度、ラジオのラジオショッピングもいいものがありますよ。ラジオ通販の場合、商品紹介を耳で聞くだけですから、簡潔に分かり易く紹介の商品が目に見えるように感じられます。ダイレクトに魅力が伝わり、欲しいものが見つかりやすいです。家事をしながらの隙間時間などでお買い物ができるので、会社員でも主婦でも学徒でも、すきま時間を使ってお買い物出来るのですね。ほとんどエアコンを使わないのですが、気温・湿度とも高い日となると、つけざるを得ません。しかし、どうしてもエアコンの電気代が気になります。

ラジオショッピングで言ってましたが、今のエアコンは省エネにしないと売れないそうで、どのエアコンも1時間つけて2円ほどの電気代です。

ラジオショッピングで紹介していたエアコンに買替えするつもりです。
ラジオショッピングでは媒体の特性上、テレビや印刷物と異なり、商品の姿をみることができません。
なので、通販会社や商品のメーカーの信用力や対応をみることがラジオ通販では必要です。

12月も中半を過ぎると、おせちの予約も終わりです。

ラジオ番組の宣伝でもおせち、おせちとよく耳にします。

私は数年前からラジオショッピングで紹介されていたおせちを予約します。芸能人が宣伝しているおせちは、中身もあまり変わりません。

だから、おせち以外の特典で他との違いを出そうとしています。

ラジオショッピングは昔から流れている通信販売の方法になります。

主に商品の紹介は、ラジオパーソナリティです。ラジオ通販での紹介時間は短いことが多いです。ラジオでの紹介者の言葉遣いや話し方により商品にいいイメージをもたせることも出来るのです。
なのでラジオショッピングでは、商品を見てから購入したいというなら、テレビショッピング(テレビで商品を紹介し、電話やインターネットなどを使って購入を申し込む通信販売の一種です)の方がいいです。そうであるとしても、利用者の中には、ラジオパーソナリティに親しみを感じているとその商品にも親しみを感じるようです。日本の民間ラジオ局の大抵は、放送網の組織に加盟して放送網が成り立っています。
午前放送はジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガロポリス・エフエム・ネットワークです。

なお、NHK-FM・放送大学を除する全民放放送が参加している全国FM連合があります。

ですが、JFLとMegaNet、全国FM連合は他の放送網と比べ、ネットワークとしての関係性はさほど深くはありません。
情報の交換に番組の一部販売、共同キャンペーンを不定期で実施しているだけでしょう。当初のラジオショッピングは、民放ラジオ局やその関連企業が放送するラジオショッピングが主でした。

2006年以降のラジオ業界の広告収入の減少に伴い、現在はスポンサー通販が増えてきています。
ラジオショッピングには、ラジオ局自体あるいはその関連企業が行うものと外部の通販会社などが、自社の商品販売するためのスポンサー通販と区別されます。通信販売とは、小売業態の内の無店舗販売の一つです。

店舗ではなく、メディアを利用して品物を消費者から注文をうけることです。

ネット端末の普及によって「通信販売」や「通販」といえば、多くはウェブサイトでのことを指すことがあります。

現在、通信販売を行っているのは、カタログ販売専門のような無店舗業者だけでなく多種多様です。
ラジオショッピングの特徴として、ラジオ局及びグループ企業が行うラジオショッピングは、紹介する商品にはその局ならではの特徴があるが、事例としては、デジタルカメラやPC、加湿器取り付けをふくむエアコンなどの電化製品から貴金属やブランド牛肉・ふぐ刺しなどの食品、挙句、仏壇からトイレリフォーム請負の取扱っています。

今やそんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。スポンサー通販でも、家電専門的傾向のある場合と、美容・健康関連品・生活雑貨などが主体の場合とがあります。はぴねすくらぶのラジオショッピング新潟放送で紹介されていた商品